RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12
07
いよいよ時間との戦いになってきた、サイト制作。
膨らむ自分の妄想(イメージ)と圧倒的に追いつかない腕の動きとそのスキル。
まだまだ修行が足りな過ぎる…

だけど、やるしかない、やるしかない、やるしか…(以下省略、繰り返し)
結局はアウトプットしか人は見ない。それだけで判断される世界。
とにかくベストを尽くす、それに尽きる。

まずは風邪を引かないようマスク常備。
あとストレスを貯めないよう体力が持つ適度は寝る。
それいけ、私。頼むぜ、自分!
って自分で応援するしかないね…

Webプロフェッショナルのための黄金則 「旬」なサイトに学ぶ76のデザイン・エッセンス (Web Designing Books)Webプロフェッショナルのための黄金則 「旬」なサイトに学ぶ76のデザイン・エッセンス (Web Designing Books)
(2008/05/23)
瀧上 園枝

商品詳細を見る
↑ほー、な一冊。旬?な感じは確かにする。この本を参考に作ると。

ウェブデザイン見本帳 実例で学ぶWebのためのレイアウト基礎ウェブデザイン見本帳 実例で学ぶWebのためのレイアウト基礎
(2008/11/21)
オブスキュアインク

商品詳細を見る
↑こういうのは見てもいいけど、見過ぎてもいけない、と思う今日このゴロ(笑)

SouljackerSouljacker
(2001/12/18)
Eels

商品詳細を見る
粒こしょうせんべいのように気が利く1枚。
多分、このジャケの人は歌う本人だったかと。いかしてますねえ。
2008.11
30
I found it!
UK Adapta.com
UK Adapta.com London Underground

Let's wait and play it by ear.
But,I have to learn to stand on my own feet.

ミュージック・キルズ・ミーミュージック・キルズ・ミー
(2006/07/19)
ライノセラス

商品詳細を見る


2008.11
24
デザインってなんて奥深いんだろう。
Webという世界から見ているだけでも、なんてことなくそのへんに存在しているものの
洗練されたデザインにいちいち感動する&それまでの道のりを考えると感慨深い。
明らかに世界が違ってみえるようになった。
だからこそ、この世界を見れるからこそ、デザインというものを続けていきたいと強く
思う。

だけど現実はあまくない。
デザインは楽しく感動が多い反面、常に時間との戦いでもある。
でも、絶対にいい答えがあるはず、その根拠のない勢いだけで今をしのいでいる。

時間は刻々と流れる。でも、妥協できない。だからやるしかない。
いや、ふと答えが見つかれば勝手に自分が進めてくれるハズ。

なので、最近睡眠とお風呂と読書の時間だけは極力リラックス。

バズル・ビーバズル・ビー
(2000/09/20)
ハイ・ラマズ

商品詳細を見る
まったりして何が悪い!ってくらいまったり。
最近、こればっか聴いてまして、夜道での鼻歌もこれ。
音楽って結局、こういうものなのかも。すごく考えさせられた1枚。

写真補正・加工 逆引きデザイン事典 Photoshop CS3/CS2/CS/7.0対応写真補正・加工 逆引きデザイン事典 Photoshop CS3/CS2/CS/7.0対応
(2008/05/20)
上原 ゼンジ高橋 としゆき

商品詳細を見る
写真好きなので、役立ってます。ある意味、カメラの存在意義って?って思ってしまう
くらい補正できてしまう世の中になりましたね、ちょっと切ない。

IMG_2076-1124.jpg
こちらロンドン滞在中に食べたヨーグルトのパッケージ。かっこいい!美しい!
この写真を見て、この構図いいな、と。シンプルが一番、と思い出させてくれた1枚。

こういうのがフツー(やや高級かな)のスーパーにあるのはさすがイギリス!
ちなみに私が見た限りでは、ヨーグルト@イギリスはこのリュバーブ(ふきの一種)、
オレンジ、イチゴ、バニラという4種のフレーバーが割と定番?なのかな。
その中でもリュバーブが私は一番イギリスに来た!感じがして好きです。
2008.11
18
IMG_2073_1118.jpg

ロンドンの何がいいの? …そう聞かれたら私なら、なんと答えるのか?
そんな感じの模索の日々が続く。
でも確信はある。
ロンドンは世界一、なんて口が裂けても言えない。
けど悪くないよ、いや、むしろ結構いいと思うよ、と。

確かにロンドンって今となっては私の「憧れ」ではなくなってしまった、よくも悪くも。
ロンドンも今ここにいる日本も全てが現実、だと自覚できるようになったから。
あの国は今、同時進行で動いている、私の人生と並行して。
ふと思い浮かべる。あの街を颯爽と歩く私、それは今ここに生きる私と別人ではない。

でも、イギリスおよびロンドンは特別だ。
私が死んだら、骨の一部はイギリスに撒いてほしいと切に願う(法が許せば)。

うむ、パリのセーヌとロンドンのテムズを比べるのは正直厳しすぎるし、パリの街並み
とロンドンのそれを比べても厳しいと思う。
まして食の分野では…(でもロンドンにもおいしいものはたくさんあるけどね!)
前回パリからロンドンに入った時にも、明らかに私はロンドンとパリの差に愕然として、
同行した、ロンドンが初めての妹に「ね、なんでそんなにロンドンがいいのかよくわかん
ないんだけど」と言われ「…そのうちわかるよ」と答えたくらいで…

だけど、なんでだろう、ロンドンだとラク、リラックスできる。
広過ぎる公園で出会ったリスさんに癒され、大好きな紅茶を買い占め、レコード屋を巡り、
無料の美術館で心洗われ、地下鉄のデザインに刺激を受け…and so on

ロンドン、その魅力をもっと追求し、サイトに反映したい。
今、ここという「帰る場所」があるからこそ、旅を楽しめる、そしてロンドンを想える
ことに感謝しつつ。

※写真はブリティッシュエアウェイズでパリからロンドンに入る時に。
 幼稚園生並みに「ロンドンだ!!!!」って連呼&シャッター切りまくり(笑)
 何度行ってもロンドンに着く瞬間って本当に毎回ワクワクしてしまう…
 ロンドンってこうして見るとこじんまりした街なんですよね。
 中心の公園がご存知、ハイドパークです。
 前回は公園の近くにホテルを予約したので、よく散歩に行きました。
 

2008.11
05
ついにオバマ氏に決定ですね。

惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full@小飼弾氏ブログ

正直、私はアメリカの政治に関してあれこれ言えるほど勉強していない身だ。
だけど、あえて言わせてもらえるならば、こういうことを、国の大統領が言えるって
すごいな、と(とても色々な意味で)。
感動、感嘆、感慨、異様、劇的…なんと表現したらいいのかわからないけど。

単純に演説として感動できる、というのもある。
こういうことが言える国に住む、あるいは自国の代表者がこういうことを言える、という
のが想像ができない、というのもある。
アメリカってなんていうか、深い…と考えてしまった。
まだまだ私は知らな過ぎる、この国のことを。そして世界のことを。
もっと知るべきことはたくさんあるだろうに。

とても言葉で書くと薄っぺらいのだけど、世界は広く、まだ自分は狭いと思う。
「世界を変えることができる」「自分を変えることができる」
そうキーボードで打つこと、口で語ることは一瞬だ、だけど…

それを今、アメリカという国が行おうとしている。
世界を漂い、舞う塵となる前に、その行く末を私も眺めていきたい、と思った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。