RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09
30
Category : Art!Design!な話
FUDGE (ファッジ) 2008年 10月号 [雑誌]FUDGE (ファッジ) 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/09/12)
不明

商品詳細を見る


このFUDGEという雑誌はこりない。
何度「ロンドン」「パリ」「北欧」特集をしているのだろう。
で、当然それは私の管轄内なので、結局買うことになってしまう。

もはや自分は洋服で自己表現しようとは思っていないので、服というのはあまりにリアルな
もの(現実的なもの)になってしまったけれど、この雑誌には服を越えた世界観がある。
そう、私がこの雑誌を買った理由、それこそがこのFUDGEの魅力だと思う。
服から語るのではなく、その背景にある世界観、テーマからFUDGEは服を語るのだ。

サイトを作るようになってからモノづくりに対する眼差しが変わったように思う。
この作り込まれた世界観に、スタイリストさんのイメージ、カメラマン、メイクの方の視線
を感じ、心を打たれる。

普通、どこかの雑誌が「ロックテイスト」と名付けるスタイリングは決して私のようにロックを
聴く人間からしたらそれは大抵ロックではない。
ある意味当たり前なのだけど、単に世間の言う「ロック」なイメージとして利用しているだけ。
だけど、FUDGEはちょっと違う。
それが正解だとかそういう話ではなく、空気としてロックを体現しているのが伝わる。
それは写真のテクスチャーだったりメイクだったり、、とても些細なことなのかもしれないけど。
ここまである世界観を服だけで表現するって尊敬する。

FUDGEのこのスタンスを応援したい。
ただロンドンガールって表現はしっくり来ないけど(笑)
確かに私の永遠のテーマではあるけど。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。