RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
31
Category : 音楽談義
ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/10/01)
オアシス

商品詳細を見る

うーん、オアシスのジャケのデザインっていつも「…」って感じなのですが、またしても…(笑)
このビジュアル云々でなく、「オアシスのジャケ」にこのデザインがふさわしいのかが「…」
なのだ。

私は自他共に認めるオアシスの大ファンである。
誤解を恐れずに言うのならば、オアシスこそが私にとっての宗教とすら呼べるかもしれない。
それくらい好き。

だが、正直このバンドはジャケのデザインは毎回、おそろしく「…」である。
オアシスって音楽性という意味では、客観的に言っても天才の域のミュージシャンであり、
それに陶酔している私なんての人間からすると、ビジュアルにオアシスの音楽性の偉大さを
表現してほしい、と期待するのがムリな話なのかもしれないが。

毎回デザイナーが変わるのか?わからんが、統一性など皆無だし、最近は何故かコラージュ風
が多いようで…支離滅裂極まりない。
ただ、オアシスは音楽性が全て、といってもいいバンドなので間違いなくジャケの善し悪しで
売上が左右されるバンドではない。ので、まぁ当人にとってはどうでもいいのかな(笑)

とはいえ、ちょいと文句を言いたくなるのは、やはりオアシスというバンドの個性がなんだか
置き去りにされたデザインが多いように感じるから。
というか、多分ジャケを選んでいる当人たちが自分たちの個性についてきっと厳密に定義したり、
「こんなバンドイメージで行こう!」とかマネージャーと話し合っているわけがない、バンド
なのです、きっと(笑)
だから、自分たちの製品に関するビジュアルに疎いというか…(事実PVもいけていない)。
でも、この音楽ありき、の姿勢が私は好き。
だから(文句言っているが)ある意味、オアシスがデザインに凝り出したりしたらかなり
心配すると思う…(笑)

以下、数少ない「まとも」(笑)だと私が感じるオアシスのジャケ。

ホワットエヴァーホワットエヴァー
(1994/12/22)
オアシス

商品詳細を見る

sonyのCMで一気に有名になった曲。
このジャケ、デザインというか景色ですが、このグラデーションが美しい。
輸入盤のシングルはCD自体もカラーなので、私は国内と両方キープ。
自由であることを謳う歌詞と壮大なストリングス、まさにこんな景色が似合う歌。
死んだら、こんなところに骨撒かれたいな…(本気で思うよ)。

ザ・マスタープランザ・マスタープラン
(1998/10/28)
オアシス

商品詳細を見る

これはなんだろう、緑系で青みがかっていて、ちょっとオアシスっぽくないような気もするんだ
けど、クラシカルな雰囲気や中の英語の歌詞のフォントが美しかったりする。
物語を感じるというか、統一性のある世界観がオアシスの圧倒的な音楽に通ずるものがある。
だいたい、これがBサイドアルバムだって事実がとんでもなくスゴい。
クオリティとしては完全にA面です。だから偉大すぎる、オアシス。

ちなみに、私はオアシスは日頃からお世話になっているので絶対に中古でなく、新品を買う。
そう、それは彼らに印税を納めるため。
彼らの産みの苦しみを考えたら、彼らのCDの金額なんて安過ぎるくらいだと思う。

Oasis - Whatever - Promo Vid


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。