RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
03
Category : Art!Design!な話
これまで黒に縁があまりなかった私だが、最近はほぼ98%で、
黒ばかりを着ている。
正確には無彩色100%、白、グレー、黒、なのです。

実はこれまでは黒というものに馴染みがなかった。
私は青、赤、白といった色が好きで、何よりジーンス好きだったので
黒より青、紺の方が100倍好きだったと思う。
現に黒い服を持っていない人間だった。
必要だと感じたことさえなかったように思う。

それがたまたま仕事が変わったことが縁で?黒ばかり着ている。
はじめは、なんとなく、だったが今は意図してそうしている。

回りは何も言わないが、おそらく思っているだろう。
なぜ、あのひとは黒ばかり着ているのか、と。

もし聞かれたら、こう答えたい。
色で判断されたくないから、である。

無彩色以外の色は、同じオレンジとかいってもその幅が広い。
自分が意図して着た、その色が相手に自分の思うように伝わって
いるかどうか、それは正直疑わしい。

ていうか、そんなのどうでもいいじゃん?というのもごもっとも。
ですが、私個人としては、仕事上、デザイナーという肩書きがついて
しまっているので、ムダに外見で損をしたくない、というのがある。
実力のある人であれば、これは無視していいとは思うのだけど、
私のような駆け出しは「なんだかダサイな」と思われたら、すでにそこで
ひとつ信頼を弱めている気がしてしまうのだ。

かといって、やたら個性がありすぎるのも駆け出しには問題かと。
個性、それは違っていて当然だが、それが相手に受け入れられるか
どうか、それはまた別問題である。

というわけで黒、なのかもしれない。

そしてありがたいことに?黒を着ていると、職業を聞かれた時に
「確かにデザイナーっぽいですね」と言われるのも嬉しい。

黒、というある意味、人々の共通項をあえて選んでいる私。
だけど、不思議なことに、黒は黒であるだけでなく、おそろしく
その人なりを写すような気がしてならない。

黒。なんて不思議な色なんだろう。
この魅力に取り憑かれた。
私に挑むような、黒い、黒い服を私は常に待っている…

以下、本当にタイトル通りの本。装うことを哲学したい方はぜひ。

されど“服”で人生は変わるされど“服”で人生は変わる
(2009/02/27)
齋藤 薫

商品詳細を見る


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。