RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05
04
Category : FOODな本
お菓子や料理の本というのは、放っておくと増えていくので自粛している。
が、たまにガツンと買ってしまう…

ベジダイアリー―おいしい毎日のための野菜日記ベジダイアリー―おいしい毎日のための野菜日記
(2009/04)
長尾 智子

商品詳細を見る

多分、これは料理というか素材好きゆえ、だろう。
いかに素材を愛するか、ということの表現のように感じる。
つまり、モノの本質をどう捉えるか、という感覚に近い。
だから、私は長尾さんの本を「眺め」、そのインスピレーションに触れ、触発されるのだと思う。

新しい料理の技術、斬新な味というよりは、素材そのものの存在に興味があるから、ゆでただけ、
とか蒸しただけとか、あるいは塩とかオリーブオイルとか調味料と交わった時の一瞬ながらも劇的
な瞬間(って大袈裟だけど)に妙に感動を覚えてしまう。

ちなみに最近好きなのは、バルサミコ酢、粒マスタード、ゆずこしょう。

英国・カントリー とっておきのティープレイスへ---紅茶の国のティールームからB&Bまで英国・カントリー とっておきのティープレイスへ---紅茶の国のティールームからB&Bまで
(2009/04/18)
スチュワード 麻子

商品詳細を見る

こちらは次期(予定は未定)イギリス訪問時の資料として。↓以下の本も同様(以前に購入済み)。

ロンドン、とっておきのティープレイスへ 英国紅茶のおいしい誘惑ロンドン、とっておきのティープレイスへ 英国紅茶のおいしい誘惑
(2006/05/16)
スチュワード麻子

商品詳細を見る

イギリスでお茶を飲めるところで出て来る、”イギリスらしい”と形容されるケーキ(つまりフランス
菓子系を除く)は大抵、日本語では「家庭的」「素朴な」などと表現されることが多いように思うが
実際現地で食べた人間としては「ありのままで個性豊かである」という印象の方が強い。
その風貌、素材感はなんとも、飾りっけがなく、でも愛らしい。そして事実、おいしい。
(ま、お好みはあるかとは思われますが)

例えば、↓この本は随分前に買いましたが、本当においしい。
中でもキャロットケーキが大好き。

季節を楽しむイギリスのお菓子季節を楽しむイギリスのお菓子
(1998/10)
北野 佐久子

商品詳細を見る


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。