RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
08
Category : Art!Design!な話
デザインフェス散策にて気になったことをレポートしたいと思います。

結論?としては、デザインはもっと行ける、行きたいところまで、というのを
実感できたのが、すごく楽しかったです。

------------------------------

【LIGHT-LIGHT + LIGHT-ROBOT】 by Curiosity@100% design tokyo
http://www.100percentdesign.jp/
http://www.curiosity.jp/

「人間とデザインの多様性」

今回できるだけ先入観無く見るために事前情報は最低限にして回っていました
が、入った瞬間「!」と一瞬にして心を鷲掴みにされたのがこちら。
(昨年ミラノローネ時に開催され、大変話題を呼んだそうです)

暗闇のブースに入ると、蛍のごとく光る白いものが一斉に揺らめいている…
他の入場者の方々からも「おお」「わー」など感嘆の声。
一瞬、どこか幻想的な空間に投げ出されたように感じます。

失礼ながら、ふと手をかざすと、そのカラクリは一瞬で理解できます。
(触って体験してもらうこともひとつの目的のようです)
発砲スチロールのような軽い素材で出来たピンポン玉くらいのものを
下からの強い風で動きを出し、ピンポイントで玉だけに光を当てることで
幻想的に見せているだけなのです。

とはいえ、ぱっと見て人間はそのカラクリはさておき、直観的に感じてしまう
生き物なんですね。まず「おお」と思ってしまう。
さらに電気で動かしているはずですが、おそらく蛍の動きのように、なにか自然発生的
なもの、もっというと癒しのような感情的な雰囲気を感じてしまう…人為的に作られた
ものにも関わらず。

この体験、時間にしてわずかですが、心動かされました。
人間って経験で全てを直観的に感じ取るもので、そこに情報は含まれているものなのだ、
と体感した気がしました。
経験と情報とデザイン、感情と理論の関係…考えさせられるものがあります。

下記、そのコンセプトもすごく興味深いです。
「情報がなくても、コミュニケーションできるか、の実験だった」
「デザイン=コミュニケーション、いくら情報があってもコミュニケーション
できなければ、デザインの意味がない」etc

☆本人の解説付:是非ご覧下さい


☆畑中正人さんのBGM付
http://www.youtube.com/watch?v=g6cX1wOJVv8&feature=player_embedded#

関連記事
http://www.j-love.info/ino/archives/20090405_curiosity_lightlight.html
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_10166/


------------------------------

【COPIES BY KUENG CAPUTO BY ISOLATION UNIT/】by ISOLATION UNIT
http://www.isolationunit.info/
DESIGNTIDE TOKYO 2009 http://www.designtide.jp/09/jp/

「コピペの新たなる手法」

コピーという現代では否定的な意味合いが多いものを、異なる側面からアプローチ。

スイス人デザイン・デュオKUENG CAPUTOは各国の国際デザインフェアで出会った
最新のプロダクトをモチーフとして選定。
そこから重要なコンセプトをひとつだけ抽出し、さらにそのコンセプトをコピーする
ことでオリジナル作品を制作するという手法でこのプロジェクトを展開しています。
※コンセプトの情報が見つからない?のが残念なのですが…

その作品をさらにコピーし展開している ISOLATION UNIT。
http://www.isolationunit.info/#/233

コピペを肯定的に、しかも繋がり展開していくという手法は、これまでオリジナルVS
模倣品と考えがちだった「モノ」ベースの業界で考えた時、面白い感じがしますね。
アイディアは0ベースで生まれないことは自覚しているとしても、ここまで
前向きにお知恵を拝借することはどうなのだろうか、と考えるヒントになりそう
です。

関連記事:
http://www.kueng-caputo.ch/
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_10167/pid_5.html

------------------------------

【AWA × NOSIGNER】by NOSIGNER
http://www.nosigner.com/
DESIGNTIDE TOKYO 2009 http://www.designtide.jp/09/jp/

"「見えない物をつくる職業」という意味をもつNOSIGNER(ノザイナー)として匿名
で活動する、領域を持たないデザイナー"という肩書きがまず面白いですね。
(HPに記載のある、Designの語源を知った時、ガッカリした、という話も興味深い
です)

個人的には、アイデンティティが無いのが、アイデンティティ、くらいなのが
目標なので、デザインに対する考え方は共感できますね。
そう、皮肉というか逆説的なところがいいですね。

今回の展示は徳島県木竹工業協同組合と立ち上げた新ブランド「AWA」。
http://www.ovestdesign.com/index.php?Nosigner

関連記事;
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_10167/pid_2.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。