RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
21
Category : Art!Design!な話
書きたい、衝動。
がまずひとつ。

最近、友達から手紙をもらった。
正直、他愛もない内容だったけど、なんだか笑えたし、心が暖かくなった。
めっちゃ脱力系の書きなぐられた、手紙なのに。

ああ、言葉というのはやはり重いのだな、と思う。
やはり若干、何か書かないと狂う、というのが私にはあるように思う。
普段、仕事ではあまりいちいち文字に関することには関わりが薄い。
あ、たまにコピーとか考えたり、提案したりすることもあるけど。
だから、なんとなく、書かないとムズムズするのかもしれない。

とはいえ、言葉なんて、、とも思う。
散々、信じては踊らされ、でもまた信じては、、の繰り返し。
なんだか信用しているんだけど、やっぱ信用できねーな、みたいな。
まさに戯れてる感じなのかもしれない。

本当は手書きで書くのが一番なのかもしれない。
個人的には手書きで言葉を綴るというのは、その人個人の生き様を垣間みた
感じがしてとても、わくわくするし、感動する。
絵を描くのと同じくらい、その人の世界観を感じさせるような。

こうして文字を入力していく時点で私の中に宿った言葉への温度はどんどん
冷めてしまっているのが現実なんだろう。
でも、やはり言葉というのは不思議で、冷めても温めてもなんだかいいような
もののように思うこともある。

昔は本当に自分は、「描く>書く」人間でした。
よほど絵を描く方が得意だった。
でもいつからか逆転した。多分、きっかけは音楽。
音楽から感じる、滴り落ちるものを懸命にすくいとるには、言葉の方が
私には向いていたらしい。

それからは書く方が好き、というか書く方がズルイかもしれないが、早い。
これがベストだとは思っていないけれど。

私は大真面目に、芸術至上主義?というか、そんな小難しい言葉は脇に
置いたとしても、芸術はいとも簡単に国境や言葉を越えると感じている。
だから、小さい脳みそながらも、常に表現ってなんだろう、ということばかり
考えてきた、で、今も考えている。

そうすると、私が今使っている書くという行為はどうなのかな?と思う部分も
ある。
世の中には沢山の、表現があるわけで。
むー、これはまた別途考えるか。

とりあえず、書きたい衝動、を大事にしたい。
よくわからないけど、書くよ、書きたいから。

で、もっと衝動があるわけですが、それはまた次回(?)。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。