RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11
09
梅田氏のブログを読んでいて紹介されていたので、本屋にて昨日購入。
しばし読みふけっていたら、小飼氏のブログにもアップ。

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
(2008/11)
水村 美苗

商品詳細を見る


今世紀最重要の一冊 - 書評 - 日本語が亡びるとき@小飼弾氏ブログ
水村美苗「日本語が亡びるとき」は、すべての日本人がいま読むべき本だと思う@梅田望夫氏ブログ

私はまだ読み始めたばかりで、ここで意見を述べられるほどまだ頭の中がまとまって
いない。(いや、漠然と思うことは正直ありすぎるくらいなのだけど)
だけど、少しでもこの本を多くの人が手にとり、何か考えてみてほしい、というのは
両氏と同じ意見である。

私は著者を今回初めて知ったのだけど、直観として、このタイトルが響くものがあった。
というのは私の中に、漠然と日本語って消滅するのかもって感じる瞬間が多々あり、
同時にこのわけのわからないマイナー(笑)な言語の独自性についてしばし考えることが
あったからである。

特に私はUKロックを聴き出してから「日本語を書く、読む」ということに覚醒した人間
なので、特にその英語との関係性というものを強制的に考えざる得ない環境だったという
のが大きいと思う。
またフランス人アーティスト、ノルウェー人アーティストなどが流暢に英語で歌って
いる姿を見て、改めて英語に関して考え始めたこともある。
自身の精神が宿っている部分が英語圏で形成されたものであったが、同時にそれを思う
が故に日本語能力が育まれた私。
きっとUKロックに出会わなければ、こうして書かなかっただろうし、読みもしない人間
になっていたと思われる。

自分の母語であり、思いを綴ることのできる日本語。
自分の精神をある意味、育ててくれたUKロック、および英語。
世界中で今この瞬間に話されている、とある言語。
興味を持って今後も読み進めたい。
そしてまたいろいろな人の意見を聞いてみたい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。