RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05
03
ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る


かつてのベストセラー。
当時、立ち読みはしていたものの、最近、突然読みたくなってきた。
実際、何がかかれているのか、そこに自分にとってどんな意義がある
のか、とかそういうレベルには落とし込めていなかったので
ブックオフにて購入。
(いやあ、少し時間が経てば中古にも出るので本代も節約しなきゃ!)

実は途中までしか読んでないのだけど、結論から言うとすごく
オススメ!なので、興味ある人はぜひ!

実はこの手の「引き寄せ」系は学生時代から読んだことがあり、
だからこそ私は、その理屈はすごくわかるんだけど、現実ってそんな
甘くなくない?みたいな斜めから見ていた。
それに今回も多分ここだけのオイシイ話的な、読者を喜ばせるような展開
だろうから注意して読まなければとさえ思っていた(笑)

だけど、そもそも現実ってそんな甘くなくない?みたいな姿勢が
「引き寄せ」系というルールの中では間違いである、と改めて気が付いた。
うむ、間違いというとちょっと違うのかもしれないが…

少なくとも私にとっての最大の発見は、自分ってなんてネガティブなんだろう、
ということ(笑)
これには自分で自分を笑ってしまった…
いや、正確にはもちろん危機感とかってのは人生に必要だし、私もなんどか
転職とかしているし、別にそんな日々暗い生活をしているわけでもないと
思っていた。

でも。やっぱなんか後ろ向きじゃない、私?ということに今更ながら
気が付いた。
ていうか、もっとプラス思考になっていいんじゃないか、どんな逆境も
あら、そんな偶然って嬉しい!とか喜べるくらい超楽観的、超ポジティブに
なってもいいんじゃないか、と素直に思えた。
ただ、それこそが人間として、強くなる、という非常に難しい部分でも
あるかとは思うのだが…

詳しい解説?というか、レビューとかはアマゾンでたくさんの方が
様々な見解を示しているのでそちらをどうぞ参考にして下さい。

ま、本で読むのはもちろんなんですけど、そこから先にどう自分の中で
生かしていく(行動に移す)かってのが一番大事なので
この先、どんなことをやらかそう?!か楽しみである。

スポンサーサイト
2009.10
11
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)
(2007/05)
本田 直之

商品詳細を見る

レバレッジ勉強法レバレッジ勉強法
(2007/09/25)
本田 直之

商品詳細を見る


秋になったので、また勉強計画やら時間管理について見直しを開始。
うーん、発売当初に買っていたにも関わらず、なかなか実践できてません…
大いに反省。

特に時間の使い方は本当に死活問題。
ゆっくりしてリフレッシュしたい時間と勉強などの将来への準備時間
などのバランスがあまりよくなく、このままだとよろしくない。
時間は取り返せない、肝に銘じて計画立てます。

フェイシズ・ダウン (CCCD)フェイシズ・ダウン (CCCD)
(2003/03/29)
ソンドレ・ラルケ

商品詳細を見る


買った当初は、こういう音楽ってなんか馴染めないんだよなーって
イライラしたくらいで(笑)なんとなく否定的だった。
何をトゲトゲしてたんだろう、、
昔は音楽に対してエッジな部分を求め過ぎていたように思う。
だけど、逆に今はこういうリラックスした音楽がかなり好き。
こういう音楽が似合うような休日を過ごせるよう、工夫しなきゃな。

というか、本格的に音楽に離れ過ぎて本当に最近ヤバい。
もっと音楽にも時間を割かないと(笑)
以下、アルバムの中でもお茶目な一曲。



2009.09
21
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
(2009/07)
香山 リカ

商品詳細を見る


人生を好転させる「新・陽転思考」人生を好転させる「新・陽転思考」
(2009/08/22)
和田裕美

商品詳細を見る


最近、思わず手にとってしまった2冊。

香山さん、和田さんの本もどちらの本も読んだことのある人間としては
今度はどんな考え方なのかな、という友人の助言を聴くような気持ちで
すんなり読んだ。

とはいえ、この手の本は久々だった。
こういう本を読む余裕がなかった、ちょっと前までは。
しかしながら、連休に入ってなんだか心にぽっかりと穴が空いたように
いろんな感情が押し寄せてきて、私は混沌としていた。
だから、なんとなくこういうのに答えというものを求めてしまったのだろう。

人にも寄るけど、私は突然、何かから目覚めたように変わることは
できない。
だから、当然だけど、答えなんてものはないし、見つけようとする行為すら
ある意味、無意味なのだと思う。
少しずつ何かを感じ、行動に移していくしかないのかな、と。

読んでいて、途中で気が付いた。

あまりに自然に二人に共感できる自分がいる。
そう、そうなんだよね、うん、確かに、と。
そう、わかってる、だったら後は行動するだけじゃないの、と。
きっかけはなんでもいいじゃん、と。
だから途中からはパラパラと軽く読んで終わりにしてしまった。

人生は動くこと、やる、ことでしか形成されないって誰よりも
自分がそう思ってる。
だからこそ、こういう人生になったんだと思うし。
考えること、物事への理由付けはこのへんで終わりにしても
いいのかもしれない、と。

本の内容には関係ないかもしれないが、とにかく動くこと。
それに尽きる、と気付かせてくれたことに感謝、の2冊。

多くの人はまた違った意味でこれらの本を読み解くのかもしれない。
ただ、思うのは世の中に絶対なんてものはない。
だから、最終的には自分が何を感じ、何を考え、どう動くか、だけなのかと
思う。

2008.12
31
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
(2008/11/29)
勝間 和代

商品詳細を見る

今年はこの本で締めたいと思う。

「起きていることはすべて正しい」、ああ大いに納得する。
だけど口で言うのは簡単だ。

多分、数年前の私ならそう思っていたと思う。
けど、今ようやく、一喜一憂するわけでなく淡々とそう思える。
それが一番の今年の収穫だったかもしれない。

きっと以前は今無いモノをいかに獲得するか、そういう視点ばかりで
考えていた。
今ここにあるモノを活かせないか、そういう視点が欠けていた。
自分の欲しいもの、手に入れたいもの、なりたいもの、大切にしたい
世界観、それだけはわかっていた。
だけど、自分に何ができて何ができないのか、その認識は確実に甘かった。

おかげでいろいろな失敗をしてきたかと思う。
だけど、それも有り難いと今は思える。
気付き、を回りが与えてくれたのだ、と。

ある意味、諦められたのかもしれない。
どんなに自分が一本道で行こうとしても、人生ってそんな簡単じゃない。
自分がしかるべき努力をしたのならば、もう諦めようと。
人に嫌われても、かっこわるくても、一瞬でも感じられる自分の幸せ、
心の静寂を大切にしよう、と。
別にいいじゃん、「自分の人生」なんて幻想かもしれないんだから。

以下、今年の「気づき」の本。
デュボワ思考法デュボワ思考法
(2008/08/01)
フランソワ・デュボワ

商品詳細を見る

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
(2008/09/25)
小飼 弾山路 達也

商品詳細を見る

勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
(2008/04/04)
勝間 和代

商品詳細を見る

↓今年でなく結構前に読んだもの。
だけど学生時代の恩師がくれた言葉「人生すべてに意味がある」の原点。
ここから、文字通りそう思えるまで時間がかかったな、と思う。
人生の転機人生の転機
(2005/09/01)
キャロル アドリエンヌ

商品詳細を見る

↓デザインという言葉の意味を広く捉えることができた1冊。
自分の中でデザインというものが定義できるようになった(けど、まだ勉強中)。
デザインのデザインデザインのデザイン
(2003/10/22)
原 研哉

商品詳細を見る


2008.11
22
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
(2008/06/15)
勝間 和代

商品詳細を見る

いくら論理だの言ったところで、頭の中、思考というのは結局は非常に抽象的で感覚的な
もの、なんて勝手に解釈している自分がいた。
けど、整理の仕方によっては非常に「使える」ものであり、むしろそのように有効活用した
方が実際の生活の中で好循環を生み出しやすい、ということを大いに実感。

また、逆にフレームワークを使わないことがかえって、色眼鏡を使っている状況にもなる
可能性もあるという事実に気が付けた。
一見、あたかも自分の中でもっともらしい客観的な結論が出せたようでも、それ自体の
前提条件をまるで疑いもせず鵜呑みに考えていたりするのである。

話を洋服のクローゼットに喩えてみると…
整理をされていない状況だと、何がなんだかわかっていなくて、近くにある当たり障りの
ない使いやすい服ばかりをひとまずは着るが、なんかいつも同じ服を着ている気がする…
とまたムダに新しい服を買ってしまったりする。
だけど、きちんと服をアイテムごと、素材ごと、色ごと等に整理してみるとかなり発見が
あるものである。
ああ、カットソーはもういらないな、とかジャケットは紺しかないから黒があった方が
季節を問わず着られて便利かもしれない、と計画的に買い物もできる。

私の場合、これによって意外に黒およびグレーを持っていないことに気が付いた。
黒やグレーは非常に無難な色で時にはおしゃれにさえ見えたりするお得な色である(笑)
某格安ショップなどでも黒というのは必ず展開がある色、かつ、いちいちブランド
がわかりにくい色、デザインであることが多い。

それ故、私は最近仕事では「モノトーン」に徹し、服のコスト削減とそのコーディネート
を考える時間を短縮できている傾向にある。

というように、日常の仕事、生活に生かしていきたいと思う。
まずは実践、実践です。

ちなみにこの本で「すきま時間に読書をする」重要さも実感!
移動&トイレの中で全て完了できました、この本。

移動は珍しくない方法ですが、特にトイレがおすすめです(笑)
移動とトイレ、少なくともこれだけで最低2冊は同時進行で読み進められます。
しかもトイレって必ず人間は行くので、結構な時間になるのです。
まずはトイレにひとまず本を置きっぱにしてみるといいですよ(笑)

ブレイン・ティーザー ビジネス頭を創る100の難問ブレイン・ティーザー ビジネス頭を創る100の難問
(2008/10/17)
ジョン・ケイドー

商品詳細を見る
→トイレでクイズしてます。
勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
(2008/04/04)
勝間 和代

商品詳細を見る
→移動用。少し前まで車、バスの中では気持ち悪くなるので本が読めなかったのですが、
 人間は適応能力がスゴいのか?今やバスでも完全に読めるようになりました。
 
そういや偶然、勝間さんの本ばかりですね…

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。