RSS
Admin
Archives

Scrap! My Source. Webデザイナーの備忘録。

Webデザイナーやってます。生活の全てが仕事に繋がるように…とざっくばらんにスクラップ!

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
思索系Webデザイナー。iMac愛用中。
Web上のScrap Bookとして始めました。
音楽好きが派生?してWebデザイナー
に至ってます、多分。

音楽(UKロック)×モノ書き×
お菓子づくり×旅×自由=私。
ただ今、中村俊輔選手を応援中!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04
27
先日、ある人にふと言われた。
あと1ヶ月の命しかないとしたら、その1ヶ月で何をするか?と。

私は即答した。
旅に出たい。
(多分イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、北欧あたりが中心になるだろう)
そして今までお世話になった人に御礼と挨拶をして回りたい。

その方曰く、答えた内容こそが「今やりたいこと」なのだと言う。
うーむ、そうかもしれぬ。ただ、私の場合、いろいろと考えることが半ば趣味なので
あと1ヶ月しかなかったら、という質問は想定内だったとも言える…

旅をしたいというのは、好奇心の現れであると共に、私にとっては人生そのものが
旅という感覚がある。
喜怒哀楽がありながらも、結果的には愛おしいものになってしまうという一種の
ファンタジーみたいにすら思える。

最近、人間には必ず、救いや支えが必要なのだ、と感じるようになった。
何かきっかけがあるわけではないが、最近そう実感する。
それまでは人が宗教を信仰したり、出家したいと思ったりする心理が正直わからなかった。
でも、今はそういう人の気持ちがわかる。

学生時代、私は厭世的だった。
今考えれば、何の変哲もないフツーの学生だったわけだが、何を思ったのか、
いろいろな意味で人生に絶望していた。
この世界に救いはない、人は孤独で、やがて死ぬ。
そして塵になって、人の記憶からも忘れ去られていくのだ、と。

今もそう思うところはある。
だけど、最近は諦めも肝心なんだ、と思うようになってきた。
諦めから人生は始まる、と誰が言ったか忘れたが、そんな言葉もあった気がする。
諦めというと、なんだかすごくマイナスなイメージが以前はあったけど、見方を変えれば
全てを受け止める、現実を受け入れる、そんな意味でもあるように思う。

人には欲望や物欲とかいろんな雑念があるけれど、それが全て思うように行くことなど
結局はない気がする。
そもそも思い通りにいくことが本当の意味で、その本人にとって幸せかどうか疑わしい。
もちろん、何か自分の思いを抱き、それに向かって努力すること、それによって自分
の望む結果を手にいれることもまた人生ではある。
が、思うようにいかないからと諦めの境地に至るのも、自分の目標に向かってがっつり走るのも
なんだかちょっとアプローチが違うだけで、それを人生に積極的か消極的かと判断するのは
ちょっと違う気がする。

最近の私などはいい意味で諦めモード全開!である。
それまで私は「こうなりたい!」と思い、そのためにがっつり行動する、というフローが
多かったが、ここんところは、流れできたモノをどう受け止めるか?ということに
頭と時間を割いている気がする。
簡単にいうと、理想主義から現実主義になったとも言える。

だけど(同然ながら)それはマイナス思考だとは思っていない。
今までにはわからなかったことがわかったりしているから。
そう、だから何かを信じることに救いを求めたり、出家して俗世の雑念から解放
されたい、と思う人々の気持ちに自然と共感できるようになった。

ムダに絶望的だった学生時代の私から比べれば、仮に絶望や悲しみが心を
占めていたとしてもそれを信じることや出家することで何かを変えようとしている
ことはすごく私には前向きに思える、人生に建設的だと思う。

自分の人生は正しかったのだろうか、これでよかったのだろうか。
何が正しくて、誰が正しくて、何が間違っていて、何を正せばいいのか。
そんな問いに人生や世界は明確な答えをくれない。
ただ、自分がそうなんじゃないか?と思う、かすかな確信を人間は持てるという
能力を持っているだけ、である。

だから、何でもいいけど、生きるだけでいいのかも、と思う。
あれもこれも、と本当は欲張りたい。もっと自分の人生は豊かなのではないか、
もっと物語の続きがあるのではないか、とつい思ってしまう。
私自身、よく欲張りだと人に笑われる。欲張りだから、悩むのだ、と。
そう、持たない自由も大事なことである。

そんな感じで、最近、いい意味で原点を振り返るよい機会になっている気がする。
これまでWebデザイナーになりたかった、私。
すでにWebデザイナーになったわけで、これからどうするのか…
日々、散歩しながら考え中であります。
そして、私がどうなる、とか以前になんて空は美しいのか、太陽の光ってまぶしいのか、
とかに感動しています。

スポンサーサイト
2009.09
03
私はどちらかといえば朝型です。
(眠いのを我慢できないし、夜は暗いのが怖いです)

朝に勉強する習慣を徹底しようと思いまして、最近は
以下のようなサイトを利用。

朝時間.jp - 朝からはじまる すこやかなココロ、きれいなカラダ
http://www.asajikan.jp/
「えるや」で出てきます。

とても仕組みは単純で、毎日の起床時間とか記入できたりします。
あと、「ひとこと朝宣言」というので、1日ごとに自分との約束ができます。

だからなんなの、という感じもしますが、ゆるいペースメーカ-として
活用できれば、と。

2009.06
21
というわけで宜しくお願い致します(?)。
ただし、使い方よくわかっていません。
何をぼやこう。。。
今後どんな風に活用されていくのでしょうか。。。

「Twitter総合案内所」、らしい。
http://1p-info.suz45.net/twitter.htm


2009.05
04
Webデザイナーになろう、と思ったのはいつだったか、具体的には忘れたが、
おそらく1年前くらいだったと思う。

長らくブログを更新していなかったが、この春、無事にWebデザイナーになりました。
自分でもこの転身にはなんだか感慨深い?ような感じもする。
いずれにせよ、初めてこのブログに書いた初心は今も変わっていないし、今後もそんな感じ
で続いていくのかな、と思う。

本当に私を雇っていただけた今の会社、そして職場の関係者の方々に日々感謝の気持ち
で一杯です。
度々、自分のあらゆる点での至らなさに情けなくなるが、ここはひたすら勉強と努力を重ねる
他ないと思っている。
そしてとにかく今までお世話になった方々に仕事という観点から恩返ししていけたらと
思う。(Webデザイナーはある意味、ジャンルを問わない仕事なので)

とはいえ、現実は本当にあらゆる意味で課題、やるべきことが盛りたくさん…
だけど、それは不安でもあり、楽しみでもある。
どんな世界がこれから見えるのだろう、と。

そして、今後、長くなくていいので、こまめにこのブログを更新してくのも目標!

今回の転職で学んだのは以下。ご参考までに。
1、Webデザイナーになりたいのなら、スクールに通うのは時間の観点から考えると
  有効な手段ひとつの手である(ただし、絶対に仕事に就けるとは限らない)
2、転職する時は転職エージェントを積極的に活用したほうがよい
  自分を客観的に見れるし、プロのサポートは心強い
  (ただし無料とはいえ、自分の個人情報をある意味「売って」いるので注意)
3、なりたい、やりたい、と思ったことは具体的に段階を踏めば実現する
  可能性も十分にある(とはいえ、自分は単純に入り口に立てたまでの話だが)

2008.08
04
何故、Webデザイナーを志したのか?
ひとまずこれを始めに書いておこうかと思う。

気が付くとあれよ、あれよとこの道を歩いていたというのが正直な感想。
なので、結構それらしい理由はないのが現状。

ってのは実はウソ。
いや、確かに決めてから動くのは早かったと思うけど、理由は腐るほど、当時の私は
掲げていた(ノートにたくさんメモが残ってる)。
多分、自分を正当化したかったんだろう。

だけど、今となってはそんな理由なんてどうでもいいじゃんと思う。
どういうわけか私は今の道を歩むことを許されたということで全てはいいじゃないか、と。
だから私は今の道を無条件に信じている。

でもあえて言うなら、原点に戻ったのかな?ということ。

10代の感受性豊か(笑)な時期に浴びるように聴いたUKロックは私の骨まで染みてる。
その感覚から抜けきれず、それを仕事まで引きずってしまったのは、ある意味大人げない
かもしれない。
けれど、何かものを自分たちの手で作り出し、それを誰かが受け、例えば、それが何かを
変えていくとか…
一言で言えないけれど、そういう世界で生きたかった。

きっと現実はそんなに甘くない、時には苦過ぎるだろう。
だけど、そんな負のエネルギーこそを糧に仕事を通して成長していけたら、と思う。

でも、当面の目標はまともな社会人、大人になること(笑)。
だけど人生は一度きり、思いっきり笑って楽しんで生きたい。

♪今日の音楽♪
UKロックじゃなく、USです(笑)音楽以前にこのアルバムの脱力なデザインがいい!
ちなみにこのアルバムに以下PVの曲は収録されていません(過去のアルバムに収録)。。

ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。
(2008/05/28)
ジェイソン・ムラーズコルビー・キャレイ

商品詳細を見る

Jason Mraz - The Remedy


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。